旭洋物産 -- 社員厚生の NEXT LEVEL へ
会社の元気は社員の元気から。社員の健康は会社を引張る
昼食は社員様の大事な楽しみ、それが健康に良いなら

カフェテリアは、社員の元気にとって重要です

あなたの会社の社員食堂は、健康に良い食事を出していますか

どんな会社にも競合会社があります。ライバル会社の社員よりもうちの社員が元気なら、それだけで大きなアドバンテージになるのでは。 企業の有能なスタッフには、温厚でチームワークを大事にする。独創性、俊敏な行動力、明晰な状況判断。そして何よりも、「やる気」が求められています。


ビジネス街のドラッグストアーに立ち寄って見てください。そこでは、きちんとした服装のビジネスマンたちが、栄養ドリンクを買い求めているのを、見ることでしょう。そして、店には数多の種類のドリンク剤が「即効とか元気がすぐに湧き出るような文句で売られてます。では、なぜ皆様は、栄養ドリンクを買うのでしょうか。それは、会社のために元気を出したいからなのでは。

最初は、この手のドリンク剤は非常に重宝しますが、そのうち「体の改善」に栄養補助食品にも頼りたくなっていきます。現代では普通の食事では、何かが欠けていると感じているからなのでは。でも、昔高度成長の時代、まだ栄養補助食品がなかったのに、その時代の普通の食事で、皆頑張れたのです。

栄養ドリンクは、長く使い続ければ、体質が良い方向に改善するのでしょうか。

私の経験です。以前、スポーツに夢中になっていたことがあります。スポーツクラブ内で、ミニ・トライアスロン大会が毎年開かれて、私も頑張って、練習していました。そして、ドリンク剤を飲むと、またすぐに元気が出て来るようでした。だから毎日2本飲んでいました。でもある日、突然、気力が無くなってしまったのです。

薬剤師に「もっと、効くのはないの」と質問しました。その老薬剤師は、 「栄養ドリンク飲んでも、体質改善して、筋肉マンになれるわけじゃない、含まれているアルコールやカフェインで一時的に元気が出た気持ちになるだけのものもあるんですよ」というのです。私は、それからいつもの栄養ドリンクをすっかり止めました。でも、止めたことで、元気が無くなったなんて一度も感じませんでしたし。それよりも、夜更かししないで、早く寝た方がずっと元気に仕事を出来ることに、すぐ気がつきました。

それから、数年経ち、私も、傍からは青年と言われなくなる年齢になりました。それをご丁寧に周りの人たちが、しつこく教えて下さるのです。「良い歳をして」とかなんとか。自分もそんな気持ちに囚われたりして。いつも持っている荷物が持てなくなったり、重いものを持って、腰がぎっくりになったり。仕事も、やる気が減っていきました。偉い人たちが私を見る目も、少しずつ冷たくなって、「あいつも、そろそろ」と思われているのが感じられるのです。このままじゃ、でも、私には栄養ドリンクは効かない。そして、昔から勉強した、手作りの、体に良いといわれる、海草、自然食、キノコ類、根菜などはどうなんだろう。

はじめに考えたこと、それは、そんな食事を出してくれる店を探すことでした。昔のような食事を食べられる所は見つかりましたが、遠くて、高くて。毎日というわけにはいきません。ですから、仕方なく自炊で始めました。それから2年経ち、今では、心も体も段々新品の気分になっている自分に気がついたのです。

社員の健康を考えていらっしゃる社長さま。
「何を食べても、体に良い」そんな社員食堂があったらと思いませんか。

トップページへ