旭洋物産 -- 社員厚生の NEXT LEVEL へ
朝食、食べなくても良いのか
朝食、食べなくても良いのか

朝食、取らないと、体に良いのかどうか

スマートなビジネスパーソンは朝食を欠かさない!?

午前中の能率を上げるには朝食は取った方が良い。
でもそう簡単には言い切れないのでは。


私の困った経験ですが。 朝食を取らないで出社すると、空腹でイライラして、皆から「落ち着かない人だ」と冷たい目で見られます。 逆に食べて来ると、午前中眠くて、ボーっする。仕事に集中できない。 そんなことが何年も続きました。 血圧が低いのが原因と自他ともに妙な諦めがありました。上が100にも行かないのですから。

食べないとイライラ、食べるとボーっ、本当に困ったものでした。
「食べた方が良い」とする説は、朝食を取る学生の方が成績が良いという、大学教授の報告からです。でも、「食べなくても大丈夫」とする説もあるのです。

そんな時、「朝食にはフルーツを」という記事を見つけました。それは、私にぴったりで、以後今日まで2年間、朝食はフルーツだけです。 昼前にお腹が空いたのは、初めの一週間くらいで、今は何ともありません。 食べた後、ボーっとすることもありません。

朝食を取らなくても、血糖値が下がらない、という記事がありました。 朝食を取らないで通勤やビジネスをすると、貯蔵グリコーゲンが血糖に変わって、エネルギーとして使われます。
それ以前の食事から取った栄養が、ブドウ糖に分解され、使われない分がグリコーゲンとして貯蔵されているからです。
もし朝食を取っていれば、朝食の中の糖分が通勤やビジネスのエネルギーとして使われます。 貯蔵グリコーゲンの消費は、朝食から取った糖分がなくなってから、という順番になるようです。

私の場合は、朝食にフルーツを食べます。

一日に取るカロリーが決まっているなら、夜食べて、脂肪に変えるより、朝食べて、通勤時間にぶつけるほうを選択します。

朝食を取るか、取らないか。 その疑問には、こう答えたいです。 体の大きな人も、そうでない人もいます。 どちらが体に良いか、ひとくくりにしなきゃいけないなんて、 誰が決められるでしょうか。
皆様のそれぞれの体質や、事情に合わせて、なんとなく決まっている。 それが習慣というものでしょう。 それを私のような外野がとにかく言うことは出来ませんよね。

(私見)
カフェテリアや、学生食堂で朝食するなら。
朝食の開始時間を少し早めにして、食後、せめて10分でもゆっくり食休みできると良いのでは。 出来たら、朝食組の人のために、喫茶室みたいにゆったりとした、ソファーでもあると良いのではないでしょうか。

ビジネスパーソンに限ってですが、朝食を取ったり取らなかったり、(全く取らない人も含めて)する人の目安。
未婚の男女共に −− 約30パーセント
既婚の男性   −− 約25パーセント 既婚の女性 −− 約15パーセント
女性が忙しい中、家族のために朝食を用意している姿が見えて来そうですね。

フルーツのカロリー(目安)
バナナ1本  93 キロカロリー
なし1個  246 キロカロリー
りんご1個 213 キロカロリー

トップページへ